歯間ブラシとトイレ

歯間ブラシを使用している人と、そうでない人には、40代を超えると大きな隔たりができてくるようです。日常的なデンタルケアの中で、歯間ブラシを利用している人は、歯周病のリスクが低減すると言われています。歯の隙間に残った、食べカスやプラークを書き出すことができるからです。歯の隙間に食べカスや、プラークが残っていると、歯石の原因となり、歯周病菌の住み家となってしまうからです。歯周病予防には、正しいデンタルケアが必要であるとされちますが、正しいデンタケアの中には、正しいブラッシングと、歯間ブラシなどによるケアが含まれています。また、定期的に歯科検診により、皆さんが個人的には、取りきれないような箇所の歯石やプラークの除去となる、クリーニングも必要です。日常的に、歯磨きの中のブラッシングでは、お口の中のプラークを6割ほどしか取りきれないと言います。歯間ブラシや、デンタルフロスを使用する事で、ブラッシングでは届かなかった歯の隙間に隠れた、プラークをかき出す事ができるようになります。このような隙間に溜まったプラークは、年齢とともに生まれる歯間によって、多く溜まり易い口内環境となってきます。毎日のブラッシングに、歯間ブラシやルロスをプラスαする事は、面倒だと感じる方が多いかもしれませんが、年齢に応じたデンタルケアを行わない人は、お口の中が、トイレと同じくらいに汚れていると言われています。そんな表現を聞いてしまったら、お口のケアを徹底しない訳にはいかないのでしょうか。究極の選択に聞こえますが、トイレを取るか、歯間ブラシをとるか、皆さんの口内環境について考えてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です