タフトブラシとは何か

最近は人口に膾炙したとも思える「タフトブラシ」ですが、まだご存知ない方もいらっしゃるでしょう。タフトブラシとは通常の歯ブラシより小さい頭部が柄に付けられたもので、口腔内の隅々まで届く構造になっています。言わば清掃の難しい部位用に開発されたブラシであり、電動歯ブラシの付属品としても認知されています。タフトブラシは有能で、その清掃可能部位は歯間部、歯周ポケット、噛合面、矯正装置周囲、インプラント等が含まれます。タフトブラシの植毛部は一見普通の歯ブラシを小型化したもののように見えるのですが、細部は独特の形状を成しています。具体的には、外側よりも内側の方が毛丈が長い山型になっています。硬さは概ね柔らかく、敏感な部位でも安心して使うことが出来ます。高級なタフトブラシの中には、頭部を交換できるものもあります。柄部については普通の歯ブラシよりも丸いことくらいしか特徴がありません。頸部は細長く、タフトブラシの目的に適った形状になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です