子供の歯科矯正

歯並びが悪い場合に、子どもが歯列矯正を行うことは一般的です。口内に矯正器具を入れることで、持続的に歯に弱い力を掛けることができ、歯並びや噛み合わせを治療します。歯は力が与えられると、その方向に移動するという性質があります。歯科矯正は、この性質を利用した治療と言えるでしょう。子どもが歯科矯正を始める年齢は、歯の状態によってさまざまです。まずは歯科で相談をして、器具の装着が可能か確認しましょう。
歯科矯正を始めると、装置の使い方を覚える必要もありますし、歯磨きなどのケアも複雑になる傾向にあります。場合によっては痛みを伴うこともあるので、子どもにはつらい治療となることもあるそうです。必ず、歯科の指示に従って治療を続けなくてはいけません。特に矯正中に虫歯ができてしまうと、そちらの治療が優先されてしまい、矯正に余計な時間が掛かってしまいます。嬌声の期間は、子どもであれば平均2年前後とされており、歯の状態によっても変わってくるそうです。矯正によって直した歯は、放っておくと元の位置に戻ってしまうので、「戻りを防ぐための治療」も必要です。歯科矯正は基本的に、保険外の治療ですので、費用は50万円から100万円程度が掛かるそうです。保定装置の費用によっても変わるそうですので、確認が必要です。他にも定期的な診察費や相談料も発生しますので、まず中断のできない治療と考えた方が良いでしょう。歯科矯正で歯並びを正すことで、噛み合わせが良くなり、そこから体全体の健康を守ることに繋がります。長期的な治療になるので、本人の意思が重要になるでしょう。矯正の意味や、将来的なこともしっかりと伝えるなど、まずは本人に自覚を持ってもらえるような指導が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です