予防歯科

最近では、病気にかかってから歯科医院に行くのではなく、病気にかかる前に歯科医院に行くという予防歯科と呼ばれる考え方が流行を迎えているという風に言えるかもしれません。しかし、残念ながら現在の保険制度では予防歯科が適用外になっている場合も多く、現代の医療現場の中ではその地位は低いままであるというふうに考えてもいいかもしれません。その証拠に、海外では十分に見られている予防歯科のみを行う歯科医院などはほとんど見られないことなども、挙げられると言えるのではないでしょうか。

予防歯科というだけで、最近ではブームになっているようなきらいもあるわけですが、重要なので健康かどうかを確かめられるかどうかということも、ポイントの一つであるという風に言えるかもしれません。
そのような意味では、日々のブラッシング、つまり歯ブラシをどのように使うのかということがポイントになってくるわけです。歯ブラシの中心部分を使う人は多いかもしれませんが、歯ブラシの先っぽの部分や、かかとの部分などを丁寧に使うことでうまく磨けるケースもあるわけですから、自分自身で試行錯誤しながら、自分なりのやりやすい磨き方を考える必要があるという風に言えるかもしれません。そのような際に多くの人がつけることになるのが歯磨き粉です。

昔は、歯磨き粉と呼ばれる粉があったようですが、現在では練り物としてのペースト状のものが売られていることが多く、これを歯ブラシにつけることで研磨剤の役割を果たし歯がよく磨けるという原理になっているようです。しかし最近ではヤスリのような成分が含まれているものも多いため、強く磨いてしまうと歯のエナメル質を傷つけてしまう恐れすらあるという風に言われることも少なくありませんから、注意が必要であるという風に言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です