歯磨き粉成分「フッ素」

歯磨き粉の中に配合されている「フッ素」という成分は、お口の中で歯をトラブルから守るいくつかの役割を果たしてくれるようです。

●フッ素入りの歯磨き粉を使用すると、歯の表面をコーティングしてくれるので、歯の凹凸がツルツルになります。このコーティングが、歯をトラブルから守ってくれる役割を果たすのですが、実際に、歯科などでは、このフッ素を塗る処置があるそうです。

●お口の中の細菌が出す「酸」によって、歯が溶けたのち、虫歯や歯周病などが引き起こりますが、フッ素は、「酸」から歯を守る働きがあり歯を、溶けにくくします。また、溶けてしまった歯の再生をも助ける役割も担っています。

●フッ素は、歯の表面をツルツルにすると申しましたが、ツルツルにコーティングすることで、歯垢が付着しづらくなり、歯石が溜まりにくくなります。その働きから、歯周病から、歯を守ると言われています。

●歯医者さんの検診で、知覚過敏と言われたことはありませんか?歯の表面が溶けてしまい、知覚過敏と診断されてしまった人が、フッ素入りの歯磨き粉を使用することで、知覚過敏の痛みを軽減するとも言われています。

●フッ素が、歯の表面をコーティングすることで、カレーやコーヒーなどの食物の色が、歯に付着することも防ぎます。このように、色の強い食物で歯が黄ばむことを、ステインと呼びます。
フッ素は、歯をトラブルから防ぐには、とても良い働きをしてくれそうです。
歯磨き粉の成分としては、フッ化ナトリウム、フッ化リン酸ナトリウム、モノフルオロリン酸ナトリウム、フッ化第一スズなどとして含まれています。また、高濃度ほど、その効果が認められていますが、子供の使用などには要注意が必要です。歯を磨く程度であれば、フッ素の副作用などは、特に心配はありませんが、子供が歯磨き粉を誤飲したりですとか、歯磨きをしながらでも歯磨き粉を飲み込んでしまうことを考えると、高濃度のフッ素歯磨き粉は、子供の手の届く場所には置かないほうが賢明です。