歯周病

皆さんは、「歯周病」について詳しく考えたことはありますか?
先日、定期健診に訪れた歯科で、となりの診察台に座る人が、歯周病なるものについて質問をしていたので、興味深く聞いていました。最近、歯茎から出血があり、鏡で歯茎の状態を見ると、歯が長く伸びて成長したように感じるのですが、何が原因でしょうか?ドクターは、口内をチェックしながら、「歯周病」の可能性はありますが、まだ、初期の段階ですので、その進行を止めることはできます。隣の患者さんが、「歯周病」とは、どのような状態のことを言うのですか?と質問し直したので、私自身も興味があったので、耳をすまして聞いていると、ドクターの話す内容は、こんな内容でした。以前は、「歯周病」自体は、不治の病と言われていたこともあったのですが、現代の歯科医療により、その進行を止めることが可能となりました。歯周病の原因は、「歯垢」なのです。歯垢や歯石が口内に溜まると、そこに溜まる細菌が、口内で悪さをし始めるのです。歯を溶かすだけではなく、歯を支えている骨までも溶かし、歯肉が炎症を起こし、末期では、歯が抜け落ちるようなこともあります。まずは、定期的に歯科検診に訪れることで、歯垢、歯石を取り除き、清潔な口内の環境づくりを心掛けます。ご家庭では、歯磨き、デンタルフロス、歯間ブラシなどで、デンタルケアを行うことで、歯周病予防をすることができます。とのことでした。何やら、末期状態ともなると歯を失い兼ねない、恐ろしい歯の病でした。さらにドクターは、歯周病の原因になりやすい生活環境について話出しました。箇条書きにまとめるとこんな感じです。

●ストレス
●歯ぎしり
●合わない義歯の装着
●不規則な食生活
●糖尿病
●ホルモンバランス
●喫煙
●肥満
●遺伝
●長期的な薬の服用

長年、人生を過ごしてくるとあてはまるような因子ばかりでしたが、逆に、口内環境が整うような生活を心掛けることで、私自身の歯の健康寿命は少しでも延び得るのかもしれないと、希望がもてました。隣の患者さんの治療を待つ間、もし可能であれば、次回の定期健診の予約を帰りに受付けで、聞いてみようと天井をながめていました。

4-1 入れ歯

入れ歯には、「総入れ歯」と「部分入れ歯」があることは、ご存じですか?
歯を失った際に、歯医者さんで、おそらく入れ歯についての説明を受けることとは思いますが、その前に、少しでも入れ歯に関する知識を持つことで歯の健康維持に結び付けられるよう入れ歯について考えてみたいと思います。

皆さんは、歯が無いということが、身体にどんな影響を及ぼすかご存じですか?
前歯が無くなった時には、誰しもが見た目を気にすることとは思いますが、奥歯を失った時に、見た目は、さほど変わらなくとも、皆さんの「噛む力」は、大幅に減少することとなります。また、歯が無い状態で過ごすことは、残った健康な歯に与える負担も考慮しなくてはなりません。入れ歯は、なんだか、ちょっと気が引ける、歯医者さんに相談するのが億劫だなどと、消極的に考えていると、あっという間に、健康な歯まで失ってしまうこともあります。歯は顔の一部ですが、歯が1本抜けただけで、人相が変わってしまう人がいるほど、皆さんのお顔を支える重要な任務を担っています。また、おしゃべり上手だった人が、歯が抜けたとたん、おしゃべりが下手になったなどという話もあります。歯が抜けたことで、息が漏れてしまい、活絶が悪くなった上に、歯の無い姿が原因で人前で、話すことが苦手になってしまったという経験談を話される方もいました。皆さんも人ごとではありません。歯の1本や2本と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、1本の歯から失うものは量り知れません。入れ歯は、大事な「噛む力」を回復してくれる味方なのです。