歯周病

歯周病

皆さんは、「歯周病」について詳しく考えたことはありますか?
先日、定期健診に訪れた歯科で、となりの診察台に座る人が、歯周病なるものについて質問をしていたので、興味深く聞いていました。最近、歯茎から出血があり、鏡で歯茎の状態を見ると、歯が長く伸びて成長したように感じるのですが、何が原因でしょうか?ドクターは、口内をチェックしながら、「歯周病」の可能性はありますが、まだ、初期の段階ですので、その進行を止めることはできます。隣の患者さんが、「歯周病」とは、どのような状態のことを言うのですか?と質問し直したので、私自身も興味があったので、耳をすまして聞いていると、ドクターの話す内容は、こんな内容でした。以前は、「歯周病」自体は、不治の病と言われていたこともあったのですが、現代の歯科医療により、その進行を止めることが可能となりました。歯周病の原因は、「歯垢」なのです。歯垢や歯石が口内に溜まると、そこに溜まる細菌が、口内で悪さをし始めるのです。歯を溶かすだけではなく、歯を支えている骨までも溶かし、歯肉が炎症を起こし、末期では、歯が抜け落ちるようなこともあります。まずは、定期的に歯科検診に訪れることで、歯垢、歯石を取り除き、清潔な口内の環境づくりを心掛けます。ご家庭では、歯磨き、デンタルフロス、歯間ブラシなどで、デンタルケアを行うことで、歯周病予防をすることができます。とのことでした。何やら、末期状態ともなると歯を失い兼ねない、恐ろしい歯の病でした。さらにドクターは、歯周病の原因になりやすい生活環境について話出しました。箇条書きにまとめるとこんな感じです。

●ストレス
●歯ぎしり
●合わない義歯の装着
●不規則な食生活
●糖尿病
●ホルモンバランス
●喫煙
●肥満
●遺伝
●長期的な薬の服用

長年、人生を過ごしてくるとあてはまるような因子ばかりでしたが、逆に、口内環境が整うような生活を心掛けることで、私自身の歯の健康寿命は少しでも延び得るのかもしれないと、希望がもてました。隣の患者さんの治療を待つ間、もし可能であれば、次回の定期健診の予約を帰りに受付けで、聞いてみようと天井をながめていました。